書店に行くと”筋膜リリース”と書かれた本が数多く置かれています。

筋膜に世間の関心が集まりつつあるようで嬉しく思います。

 

”筋膜リリース”とは簡単に言うと”筋膜を柔らかくする”といった意味です。

 

単に筋膜リリースといっても様々なタイプがあります。

手を使って行うもの、道具を使ったもの、体操のようなもの、ストレッチ・・・etc

とにかく筋膜を柔らかくするものは何でも筋膜リリースと言えます。

 

ちなみに針治療も筋膜リリースの一つです。

 

筋膜に針を刺すと柔らかくなります。

針で”筋膜リリース”を行っている訳です。

 

皆さんご存知の通り針治療は東洋医学として古くから行われてきました。

なので”筋膜リリース”という言葉が生まれる遥か昔から、

知らず知らずのうちに”筋膜リリース”をずっと行っていたという事になります。

 

針を人体に刺したからって良くなる訳がない?

結局はプラシーボ効果(思い込みで良くなる効果)なんじゃないの?

 

って思われがちな針治療ですが、

針をちゃんと人体に刺していれば

最低でも筋膜リリースによる効果は有って当然なのです。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

今回は参考までに筋膜をイメージしやすい写真を用意しました。

 

↑は鳥のもも肉です。

指で摘まんでいるのが筋膜です。

筋膜は透明で潤いがあり伸縮性に富んだ薄い膜状の組織です。

本来は柔らかい筋膜ですが癒着すると干からびて縮んで硬くなります。

 

知覚過敏(トリガーポイント)が起きるのはこの筋膜です。

針はこの膜にプスプスと穴を空けるのです。

すると硬かった筋膜がフニャッと柔らかくなるのです。

誰がやっても同じで再現性もあります。

 

 

↑は”かまぼこ”です。

木の板は”骨”

白い部分は”筋肉”

ピンクの部分は”筋膜”とします。

上にある細い線は”鍼灸針”です。

 

針は体内を進んでいきピンクの筋膜に接触します。

筋膜が硬化していると針を持つ指に壁にぶつかる感触があります。

硬ければ硬いほどしっかり伝わってきます。

 

よく針をしていると何故悪い所がわかるんですか?

と聞かれますが、針先が硬い筋膜にぶつかる感触がわかるだけです。

 

 

そのまま針を入れていくと筋膜も筋肉も貫通してやがて”骨”にコツンと当たります。

骨の表面は最も知覚過敏が強くなりやすく、激しい痛みの発信源となります。

 

まるで骨が痛いと本人は感じるので、骨の変形や擦れといった様々な誤解を受けます。

そうではなくて、骨の表面の筋膜が痛いのです。

 

 

かまぼこを板から切り離しました。

薄く残っている部分が先程解説した骨の表面付近の筋膜で、

最も知覚過敏(トリガーポイント)が強いところです。

※骨膜ともいいます。

 

 

針は細いので”たわみ”ます。

これを利用して骨に沿うように打つと骨が痛むような感覚が再現されます。

傷口に塩を塗るようなもので響きが強く正直メチャクチャ痛いですが、よく効きます。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

筋膜が硬くなる要因は色々考えられますが、大半は運動不足です。

 

昔よりも楽ができて、たいして動かなくても済む生活を送れるようになった代わりに

運動不足という新たな問題を生じてしまうのは仕方のない事かもしれません。

 

ですが残念ながら動物である人体はそれを許してくれません。

 

動物というのは動いて正常に機能するように初めから設計されています。

 

運動不足は糖尿病や高血圧、メタボなどといった生活習慣病を引き起こす事は広く知られていますが、

筋膜の硬化についてはほぼノーマークの状況です。

 

しかし筋膜の硬化は紛れもなく生活習慣病の一つとして認知されなければなりません。

 

もし進行した筋膜の硬化により痛みや痺れ、様々な不調が起きたいたとしても

現代の医療機関では筋膜を疑うことが無いので、いくら検査しても原因不明となってしまいます。

 

もちろん何でもかんでも筋膜が原因という訳ではありませんが、

少なくとも筋膜が原因で様々な不調は起きるものだと知って疑って欲しいところです。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

 

 

トリガーポイントには様々な考え方があります。

今回はトリガーポイントについて当院の考え方をまとめました。

 

 

歯が知覚過敏を起こすように、筋膜も知覚過敏を起こします。

痛みを感じますが炎症が起きている訳ではなく、

ただ感覚のみが過敏になっているだけの状態です。

 

筋膜に生じた知覚過敏を”トリガーポイント(以下TP)”と呼んでいます。

 

知覚過敏(TP)は主に筋膜が癒着して硬くなっている所に生じます。

硬いまま放置していると段々と過敏さが増してきて、

やがて症状として自覚するレベルに達するようになります。

筋膜は全身を包んでいるので、言い換えればどこにでも知覚過敏(TP)は生じる可能性があります。

 

現れる症状は主に痛みや痺れ感が多く、軽度なものから重篤化すると激しい痛みにまで至ることもあります。

また痛みが広範囲に広がったり、現場よりも離れた部位に強く痛みを感じる”関連痛”という現象がよく起きます。

”関連痛”により痛みの発信源が雲隠れし、原因がわからず具体的な対策ができない状況になることが多いです。

 

例)

・足の痛みや痺れがお尻の筋膜に生じた知覚過敏(TP)によって起きているケース。

・頭痛や腕の痛みや痺れが首の筋膜に生じた知覚過敏(TP)によって起きているケース。

・胸の痛みが背中の筋膜に生じた知覚過敏(TP)によって起きているケース。

 

多くの医療機関では上記のようなケースに対して知覚過敏(TP)を疑うことが無いので、

痛み止め等の薬物による対症療法を行うといった事になりがちです。

 

一般的に外傷を除く”痛み”は炎症や神経の圧迫、

関節が擦れる等といった事が原因と疑われますが、

単に筋膜に生じた知覚過敏(TP)が原因となっている事の方が多いと当院は考えています。

 

 

また知覚過敏(TP)には痛み以外にも異常な感覚を生じることも多く

当院では”異常感覚”と呼んでいます。

 

異常感覚は”痛み”や”痺れ”とかではなく、

気持ち悪さや、異物感、膨満感、表現が難しいような不快な感覚です。

 

例)

・喉のつかえや異物感、イガイガによるカラ咳、声のしがれ。

・鼻の奥が詰まった不快感。

・吐き気。ゲップを誘発する膨満感。胸腹部の不快感。

・耳の奥が痒い、痛い、詰まり感。

・便意や尿意に似た腹部の不快感。

・内臓から来ているような不快感や鈍痛。

 

個人差で現れる症状、訴える表現はいろいろとありますが、

上記のように一見知覚過敏(TP)は関係ないように思える症状が、

実は異常感覚によって起きているケースが非常に多くあるのです。

 

例えば”風邪もどき”、”似非胃もたれ”があります。

症状は似ていますが実際は風邪を引いておらず、胃ももたれている訳ではありません。

ただそう思えるような似た症状を異常感覚が放出しているのです。

 

そのため見当違いのお薬を飲んだり、原因を無視した対処療法を繰り返すといったケースが多くみられます。

 

 

 

知覚過敏(TP)の対処は”知覚過敏(TP)を含んでいる筋膜”を柔らかくすることです。

筋膜を柔らかくし、その状態を維持できれば後は自然に少しずつ知覚過敏(TP)が弱化し治まっていくものと考えます。

 

口で言うのは簡単ですが、人体は複雑ですので簡単に済むケースもあれば拗れるケースも当然あります。

その点についてはまたの機会に書こうと思います。

 

近年は便利社会化によって昔よりも筋膜の硬化が早く進み、重篤なレベルにまで達する方が増えています。

※ようは昔よりコリ方が異常に酷い方が多いという訳です。

 

原因がわからない、なかなか治らないという方は筋膜を疑って欲しいところです。

まだまだ認知度の低い”知覚過敏(TP)”ですが、存在を少しでも多くの方に知っていただければ幸いです。

 

 

たうち鍼灸治療院

http://tauchi2013.com

筋膜癒着は生活習慣病です。

生活習慣病の対策は日々気を付けることです。

 

以前にも記事にしましたが、”筋膜ケア”は”デンタルケア”と同じと考えて下さい。

 

歯石の蓄積は虫歯や歯周病等の温床となります。

筋膜の癒着は痛みや様々な不調の温床となります。

 

日々の歯磨きを怠ればその分早く歯石が蓄積します。

日々の運動を怠ればその分早く癒着が蓄積します。

 

丁寧に歯間ブラシをすれば、それだけ歯石の蓄積を防げます。

丁寧にストレッチをすれば、それだけ癒着の蓄積を防げます。

 

歯石が強く固着してしまったら、歯磨きや歯間ブラシでは除去できません。

癒着が強く固着してしまったら、運動やストレッチでは除去できません。

 

自分で解消できない場合は専門家に依頼します。

 

歯石の除去なら歯科医院です。筋膜癒着の除去なら筋膜リリースを行う施術所です。

 

お金と時間を掛けて上手く除去できたとしても、もう二度と蓄積しない訳ではありません。

歯石も筋膜の癒着も生きている限りは蓄積しようとするものだからです。

 

なので、いかに蓄積の進行を防いで遅らせるかが鍵となります。

それはやはり日々の歯磨きや運動、歯間ブラシやストレッチなどの自分で出来るケアです。

 

怠ればそれだけ早く蓄積し治療を必要とする周期が早くなります。

 

歯石、筋膜の癒着ともに治療の区切りはあっても終わりはありません。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

急に寒くなったせいか風邪が流行っていますね。

 

咳が止まらなくなったり、鼻が詰まったり。頭がぼーっとしたり。

 

でもそれって本当に風邪でしょうか?

 

長く筋膜治療に携わっていると、首や喉のコリによって咳が誘発されていたり、鼻の奥が詰まったような感じがして風邪と似た症状が現れるケースをよくがよくみられます。

 

なので風邪を引いたと聞くと、ああ風邪なんですね・・・。ではなくまず首のコリを疑います。

 

もちろん本物の風邪と首のコリによる風邪モドキがあります。

 

炎症を起こして色のついた痰や鼻水がズルズルでるような場合、熱がある場合は本物とみなしています。

痰や鼻水が実際に身体から出ておらず、乾いた咳を連発する咳風邪、鼻詰まりだけの鼻風邪は首のコリが非常に疑わしいと考えています。

 

咳が止まらないと喘息と診断される場合も多いですが、喘息も同様に首コリによる喘息モドキがあります。

 

鍼灸では古くから大椎や風門、風池など風邪に効くと伝えられている代表的なツボがあります。

これらのツボに針や灸をすれば首のコリは多少なりとも緩むので、風邪の症状に効果があってもおかしくはありません。

なるほど的を得ているなと感心します。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

筋膜に接する機会が多い最前線はリラクゼーション施設としましたが、筋膜のケアになっているかと言うと微妙で、施術者によっては悪化させるケースがあると記事にしました。

 

今回はその事について書こうと思います。

 

リラクゼーション施術(一般的なマッサージ・もみほぐしなど)で良くないと私が思う点が二つあります。

 

一つ目は思いっきり指や肘で圧迫する行為です。

コリを押し潰すが如く、指先や肘でグイグイ押すのは良くありません。

 

受ける側もしっかりと効かせて欲しいと求めるので、ついついそれに答えようと施術者も強くやってしまいます。

 

コリも生きた筋細胞ですので、圧が強過ぎれば圧死します。

圧死と再生を繰り返していると圧に強くなるようペンダコのような硬化した部分が形成されてしまいます。

不要な所にタコが出来てしまうのは非常にまずいことです。

 

よくテレビや雑誌でテニスボールなどの玉でコリを圧迫する方法が紹介されていますが、私はおススメしていません。

 

 

二つ目は”うつ伏せの人の背中を体重を掛けて圧迫する施術です。

 

 

これは非常に多いです。というかリラクゼーション店だけでなく整骨院や整形外科でも当たり前のように行われています。

当たり前過ぎてこんな事を言う私の方が異端です。

私も以前はそうするのが普通と思っていましたし、昔から何の疑念も抱かずに行われてきたことです。

 

で、何が問題かと言うと。

 

人の脊柱(以降背骨とします。)は筋肉(筋膜)や靭帯が支えて保持されています。

 

例えば「吊り橋」をイメージして下さい。

人が通過する足元には橋があり、その橋を何本ものロープが支えて落ちないよう保持しています。

 

もし橋の真ん中で餅つきをするとどうなるでしょう?

お餅は柔らかくなります。

ですが橋は揺れ大きくたわみ、その度にロープがピーンと突っ張って必至に耐えようするのが想像できます。

 

これを人間に置き換えると”橋”の部分は”背骨”で、”ロープ”に相当するのが筋肉(筋膜)や靭帯です。

そして”餅”は背中のコリで、餅つきは背中を圧迫する施術です。

 

うつ伏せの人の背中を押すと背中のコリが和らぐかもしれませんが、背骨は大きくたわみます。

すると背骨のたわみを保持しようと保持する筋肉(筋膜)が慌てて収縮します。

 

ということは背中のコリは和らいだとしても、背骨を保持する筋肉は逆に硬くなるのです。

 

胸部は肋骨が有るのでまだマシですが首と腰はモロたわみます。

首と腰がたわんで困るのは、特に頚椎を支える椎前筋と腰椎を支える大腰筋です。

いずれもとても重要なインナーマッスルですので後々厄介な問題になります。

 

首〜腰以外は押しても骨格のたわみは少ないのでそれほど気にしなくても良いでしょう。

 

リラクゼーション施術をよく受けられる方・・・

 

押されるタイミングに合わせて息を止め気張ることはありませんか?

終わった後に逆に運動した後のように疲れていませんか?

段々強くしてもらわないと効かなくなってきてませんか?

うつ伏せで首や腰を押してもらった後に痛くなることはありませんか?

 

という訳で、私はこの二つが筋膜ケアになる以前に逆効果になる可能性があると考えています。

 

ポイントは強圧は受けない。うつ伏せで首〜腰は押してもらわない、横向きでやってもらう、肘やボールなど固いものでゴリゴリしない。きちんと脱力した姿勢をとってから施術してもらう。などです。

 

針は強く押さなくても容易に貫通するので、このような心配はありません。

 

今回は私が想定する問題ある施術を記事にしました。

異端な考え方ですが身に覚えがある方の参考になればと思います。

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

 

 

 

最近は筋膜がテレビや雑誌などで取り上げられることが多くなり名前だけは知っているという方は増えてきました。

ですが肝心の筋膜を治療できる病院や治療院、筋膜をケアをするような施設は少ないままです。

 

ですので筋膜が癒着して肩コリや腰痛などの諸症状が現れ始めたとしても・・・

”症状が軽ければ”マッサージやもみほぐし、エステ等の・リラクゼーション系の施設を利用する方が多く。

”症状が強ければ”整形外科や整骨院などの保険治療、それでも治らなかった方の一部の方が整体や鍼灸院などの実費治療を利用するといった感じで筋膜ケアを受けるのはなかなか難しい状況です。

 

筋膜治療は出来るだけ早く取り掛かかるべきなのですが、ほとんどの方が治療を必要とする頃には発症から時間が経ち過ぎています。

もっと早くから少しづつでも筋膜をケアをしていれば・・・と思いはしますが、症状が軽いうちに筋膜ケアをする施設が少ないで仕方ないかもしれません。

 

ようは症状が軽いうちに対処するところがないので、治療が必要なレベルまで容易に達してしまう事が問題という訳です。

 

”治療”となると症状が軽いうちでは受けようと思う方は少なく、色々な事情で躊躇する方が多いでしょう。

また鍼灸と聞いただけで除外される方も多いでしょう。

 

そこで、もっと大衆的で気軽に利用できる筋膜をケアする施設が必要と考えました。

 

先程も例に挙げたように症状が軽いうちに利用されやすいのはリラクゼーション施設です。

 

ただ一般的な従来のリラクゼーション施術では逆に悪化させる事もあるので、そうはならない筋膜をケアする用の新しいリラクゼーション施術でなくてはなりません。

※筋膜を悪化させる施術というのはまた記事にします。

 

ということで筋膜リラクゼーション”ひらもみ”を併設に至りました。

 

わざわざ併設にしたのは治療とリラクゼーションを区別する為です。

 

症状が軽いうちに、気軽に筋膜をケアしたいという方のお役に立てればと思います。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com  

当院の治療は簡単に言うと『筋肉のコリを柔らかくする』としました。

 

今回はコリについて書きます。

 

一般の認識では『コリ=筋肉が硬くなっている所』だと思います。

 

ですが実際は筋肉が硬いのではなく筋膜が硬くなっている所がコリです。

 

筋膜とは筋肉を包むストッキングのような薄い膜状の組織です。

ソーセージで例えるなら中身が筋肉で皮が筋膜です。

 

ソーセージは硬いですが、皮を取り除くと中身は柔らかいですよね。

それと一緒でコリに触れると硬いのは、皮にあたる筋膜が硬いからで、中身の筋肉は柔らかいということです。

 

 

筋膜が硬くなるというイメージは次を想像してみて下さい。

・風船をパンパンに膨らますとどうなるか?

・布団を圧縮袋にしまうとどうなるか?

想像してみて下さい。どちらも硬くなるのが想像できると思います。

 

風船のパターンは過剰な筋トレで起きます。

筋トレ後は内部が膨張して筋膜がパンパン張りつめて硬くなります。

 

布団のパターンは運動不足・大きな動作の不足で起きます。

筋膜が縮んで中身を圧縮して硬くなります。

 

どちらも本来は柔らかいのに状態によっては硬くなるということです。

 

 

というわけで正確には『コリは筋肉が硬くなった所ではなく、筋膜が硬くなった所』ですが、一般の方にとっては結局は硬いコリが柔らかくなればどっちでも良い話なので省略しました。

 

しかし施術者側からすれば筋肉と筋膜の認識の違いで施術方法が変わります。

 

ついつい辛いコリは押し潰したくなるのが人情ですが、筋膜は押しても柔らかくなりません。

筋膜を柔らかくするには圧迫するのではなく、伸ばしてストレッチしたり、大きく動かす事がポイントになります。

 

マッサージや指圧棒などでコリを押してほぐしても、すぐに元に戻るのは筋膜が柔らかくなっていない為です。

筋膜が十分柔らかくなればそうそう元には戻りません。

 

もっと良い方法は鍼灸針で筋膜に穴を開けてやることです。

風船に穴が開いて空気が抜けて萎むのか、圧縮袋に穴が開いて内圧が下がるのか、詳細はまだわかりませんがストレッチよりも筋膜を柔らかくできます。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

当院は筋膜とトリガーポイントの治療を行っています。

世間では余り聞きなれないワードなので何の治療しているの??って感じかもしれません。

 

わかりやすく言うと「筋肉のコリ」を治療しています。

『最近、肩が凝って凝って辛いのよぉ〜』の『コリ』です。

肩コリというのは肩の筋肉がカチカチに硬くなっているイメージだと思います。

 

コリという言葉は肩コリにしか使われませんが、全身どの部分の筋肉もカチカチに『コリ』ます。

 

世間ではあまり問題視されない筋肉のコリですが、酷くなると様々な不調の原因となります。

 

例えば首コリの場合・・・

 

首の激痛、頭痛、耳鳴り、耳づまり、耳の中が痛い、めまい、鼻詰まり感、顔がピクピク、顎が痛い、噛み閉める、歯ぎしり、歯が痛む、眼精疲労、呼吸が浅い、咳が止まらない、ろれつが悪い、喉のイガイガ・エヘン虫・異物感、飲み込みにくい、胸がムカムカする、吐き気、気分が悪いetc

 

さらに首コリは自律神経を乱すので、不眠症、倦怠感、易疲労感、気分が落ち着かない、不安になる、抑うつ、全身の力が抜けないなどの症状も併発する場合があります。

 

首コリとは一見関係なさそうな症状がたくさんありますが、元を辿れば首コリが原因であるケースは非常に多いという訳です。

 

もちろん首だけでなく腰やお腹、お尻などの筋肉のコリも同様に一見関係ないような症状も引き起こします。

(他部位についてはまたの機会に・・・)

 

という訳で簡単に言ってしまうと当院は筋肉のコリを柔らかくして様々な不調を改善するという治療を行っています。

 

あちこちの病院で検査を受けても原因がわからないという方、どこに治療に行けばわからない症状でお困りの方は、現代医療ですらノーマークな筋肉のコリを是非一度は疑ってもらいたいものです。
 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauhi2013.om

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • お土産を頂きました。
    田内
  • お土産を頂きました。
    はな
  • 雑誌「わかさ」8月号
    山一壽
  • 膝の位置
    田内
  • 膝の位置
    N.
  • 無事オープン
    田内
  • 無事オープン
    R
  • 看板設置
    R
  • あっという間
    田内
  • あっという間
    acupun

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM