当院の治療は簡単に言うと『筋肉のコリを柔らかくする』としました。

 

今回はコリについて書きます。

 

一般の認識では『コリ=筋肉が硬くなっている所』だと思います。

 

ですが実際は筋肉が硬いのではなく筋膜が硬くなっている所がコリです。

 

筋膜とは筋肉を包むストッキングのような薄い膜状の組織です。

ソーセージで例えるなら中身が筋肉で皮が筋膜です。

 

ソーセージは硬いですが、皮を取り除くと中身は柔らかいですよね。

それと一緒でコリに触れると硬いのは、皮にあたる筋膜が硬いからで、中身の筋肉は柔らかいということです。

 

 

筋膜が硬くなるというイメージは次を想像してみて下さい。

・風船をパンパンに膨らますとどうなるか?

・布団を圧縮袋にしまうとどうなるか?

想像してみて下さい。どちらも硬くなるのが想像できると思います。

 

風船のパターンは過剰な筋トレで起きます。

筋トレ後は内部が膨張して筋膜がパンパン張りつめて硬くなります。

 

布団のパターンは運動不足・大きな動作の不足で起きます。

筋膜が縮んで中身を圧縮して硬くなります。

 

どちらも本来は柔らかいのに状態によっては硬くなるということです。

 

 

というわけで正確には『コリは筋肉が硬くなった所ではなく、筋膜が硬くなった所』ですが、一般の方にとっては結局は硬いコリが柔らかくなればどっちでも良い話なので省略しました。

 

しかし施術者側からすれば筋肉と筋膜の認識の違いで施術方法が変わります。

 

ついつい辛いコリは押し潰したくなるのが人情ですが、筋膜は押しても柔らかくなりません。

筋膜を柔らかくするには圧迫するのではなく、伸ばしてストレッチしたり、大きく動かす事がポイントになります。

 

マッサージや指圧棒などでコリを押してほぐしても、すぐに元に戻るのは筋膜が柔らかくなっていない為です。

筋膜が十分柔らかくなればそうそう元には戻りません。

 

もっと良い方法は鍼灸針で筋膜に穴を開けてやることです。

風船に穴が開いて空気が抜けて萎むのか、圧縮袋に穴が開いて内圧が下がるのか、詳細はまだわかりませんがストレッチよりも筋膜を柔らかくできます。

 

 

たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • お土産を頂きました。
    田内
  • お土産を頂きました。
    はな
  • 雑誌「わかさ」8月号
    山一壽
  • 膝の位置
    田内
  • 膝の位置
    N.
  • 無事オープン
    田内
  • 無事オープン
    R
  • 看板設置
    R
  • あっという間
    田内
  • あっという間
    acupun

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM