筋膜をイメージしやすいよう友人に全身タイツを着てもらいました。
皮膚の下には写真の全身タイツのような筋膜が全身に広がっていると思って下さい。



このタイツはLサイズなので彼には丁度いいサイズですが、もしSサイズだったら窮屈ですぐに脱ごうとするでしょう。


では筋膜が伸びなくなるとどうなるか実験してみます。
まずは腕を挙げてもらいます。スッと挙がり特に重く感じません。


次に左脇にテーピングを貼り付けます。
テーピングを筋膜が癒着して伸びなくなった部分とします。
するとスッと上がったていた腕が、テーピングの抵抗を受けて挙がりにくくなります。
先程と同じ高さまで腕を挙げようと無理をすると肩の筋肉が痛くなってしまいます。


違う角度でみてみましょう。
テーピング(筋膜が癒着し伸びなくなった部分)が邪魔をして挙げにくくしています。


今度は足で実験です。
見えにくいですが右内ももにテーピングを貼り付けました。


高さがわかりやすいように横から撮影しました。
同じ力で足を上げてもらっていますが、あきらかにテーピングを貼り付けた右足が抵抗を受けて上がりにくくなっています。
腕と同じよう足を引き上げる筋肉は負担が大きくなります。

まぁこんなの当たり前の結果で『へぇ〜』と思うぐらいかもしれませんが、皆さんの身体でも気づかないだけで同じような現象が起きています。


以前と比べて肩が上がりにくくなったなぁ〜
足が重くなった、階段を昇るのが辛くなったなぁ〜と感じる事はありませんか?


密かに筋膜の癒着は広がっていき全身タイツはL→M→S→SSとサイズダウンして身体を締め付けます。
でも本人は毎日少しづつの変化には気づきません。
筋膜を伸ばしてみて初めてそれまで窮屈な状態であったと気付きます。
知らないうちに、自分では休養しているつもりでも実はリラックスしていない休めない疲れのとれない身体になります。


サイドブレーキをあげたまま走らせられている車のエンジンのように燃費が悪くなってしまった筋肉は、すぐに疲れ果ててしまいます。そのうちトリガーポイントが形成されて痛みやしびれを生じます。
中には自律神経が失調して不眠や易疲労感、胃腸の不調など様々な症状が現れる方もいます。


ですので私は末永く健康体でいるための秘訣は、筋膜(全身タイツ)がよく伸びる柔軟な状態を維持することが一番大事と考えている訳です。



たうち鍼灸治療院 http://tauchi2013.com

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • お土産を頂きました。
    田内
  • お土産を頂きました。
    はな
  • 雑誌「わかさ」8月号
    山一壽
  • 膝の位置
    田内
  • 膝の位置
    N.
  • 無事オープン
    田内
  • 無事オープン
    R
  • 看板設置
    R
  • あっという間
    田内
  • あっという間
    acupun

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM