当院の指導を受けた方のみ参考にして下さい。

今回は首の前側の筋膜を伸ばすためのストレッチ方法です。

人間には関節可動域があり自分で動かせる範囲には限界があります。
たとえ限界まで伸ばしても、筋膜の癒着が剥がれる程の張力は生まれません。
ですので可動域内で限界以上の張力を生み出すストレッチが必要な訳です。

ー鵑硫墜鞍楼呂汎阿した感覚(痛い、動きにくい、詰まる等)を確認します。

∈造辰疹態で顎を胸に近づけます。




6珊・鎖骨付近の皮膚をロックし下に引っ張ります。(ロックは指の腹、テーピングなど)

※細かい場所はどこでもOKです。左画像は手指、右画像はテーピングでロック。


ぅ蹈奪が外れないよう少しづつ上を向きます。(ゆっくり動かします)


※何もしないより早い時点で首の前側の皮膚がピンと張ります。初期は皮膚の痛みが出ます。

α安Δ伸びている感覚が出ていればOK。暫くそのまま維持します。

段々伸びて楽になってきたら,ら繰り返します。

以上です。
首の前側がスッキリしたし風通しが良くなっていればOKです。
可動域が広がり軽く動かせるようになります。
慣れてきたらロックの位置や引っ張る力、首の動かす角度を微妙に変えてみて色んな方向に伸ばして下さい。

注意点は
・気分が少しでも悪くなれば中止する。
・無理はしない、ゆっくり伸ばす。
・初期は筋肉痛のようになる場合もあります。一旦休憩して治まってから再開してください。
・一回で伸びきる訳ではありません。初期は戻りやすく感じるかもしれませんが継続することで
安定します。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • お土産を頂きました。
    田内
  • お土産を頂きました。
    はな
  • 雑誌「わかさ」8月号
    山一壽
  • 膝の位置
    田内
  • 膝の位置
    N.
  • 無事オープン
    田内
  • 無事オープン
    R
  • 看板設置
    R
  • あっという間
    田内
  • あっという間
    acupun

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM